ポジティブな転職理由で面接を突破しよう!よくある理由をご紹介

Nick 2016/10/03 転職ノウハウ

弊社はヘッドハンティングを主にしている為、お声掛け時に転職を検討されている方は少ないのですが、ポータルサイトを通してスカウトした方、月日が経ち転職を検討され始めて方などに転職理由を伺うと下記のような理由を多く耳にします。

 

人的不満(上司や同僚とうまくいかない。経営陣への不満など。)

社長または経営陣が変わり、社風が一転し今後の仕事の進め方やキャリア構築に不安を覚えた。そんな場合は一度考えてみてください。他の企業への転職を通して少なからず、環境は変わります。また新たな企業でも経営陣交代の可能性は十分ございます。本当に現職で仕事を続けていくことは難しいでしょうか。

もしかしたら、ご自身の将来のキャリアプランや仕事のスタイルが確立しているからこそ、新しい経営陣のやり方や周りに不満を感じているのではないでしょうか。その場合は、自分の得意なワークスタイルを活かせる企業、ご希望のキャリアに少しでも近づけそうな企業へ転職しても良いかもしれませんね。

 

キャリアアップが望めない。

自分の動機や後輩が昇格していく中で、自分が取り残されている気がする。以前に他部署で後輩だった方が上司になった。そのような事例はよくございます。努力しているのに報われないですが?足りない点を伸ばす努力をしていますか?ご自身の目標としている事をしっかり周りに伝えていますか?

ご自身に問いかけてみて、全ての質問回答がYesの場合、ご自身がより活躍できる企業を見つけても良いでしょう。ご自身が得意としている力を発揮するための、新しい場を探すための転職をしてみても良いでしょう。

 

現状より、良い条件かねてからの希望ポジションを見つけた。

恐らく、現状満足されている方でもコンサルタントからの紹介やたまたま見つけたwebsiteなどで、興味のある案件に出逢う事もあると存じます。運命のポジションを見つけられる確率は、そうめったにありません。そんな時、現状に満足していたとしても、今より良い環境になるか、メリットが増えるかどうか、ご自身に問いかけてみましょう。「現在、積極的に転職活動をしているわけではございませんが、御社のこのポジションは自分の●●の経験を活かせ、◎◎としてのキャリアまた兼ねてから挑戦したいと思っておりましたので、今回志望させていただきます。」理想的でとてもポジティブな転職理由ですね!

 

給与への不満

最後に・・・給与を転職のモチベーションと考える方は多くいらっしゃいます。もちろん、面接などで私が一番大切に考えている事は給与です!と伝えることはお勧めいたしませんが、ご自身の転職理由の一つとして給与アップを考えることに全く問題ございません。

ご自身が給与に見合った努力をしているにも関わらず、なかなか評価がされない場合は、自分が努力している面やスキル、得意分野をより評価している企業を探してみても良いかもしれません。また、周りからの指摘によりご自身の給与が水準より低いと気づく事もございます。そんなときには、キャリアを見つめなおす一つのきっかけとしても良いかもしれません。

 

まとめ

上記はごく一例であり、その他にも転居や環境の変化など、転職を検討される理由は様々だと存じますが、ご自身が不満に感じている根本的な原因は何か深く考え、“前向きな転職活動“をはじめられたら活動期間もきっと楽しめるはずです。転職理由がネガティブ要因の場合、転職成功事例はとても低いです。できるだけポジティブに動けるよう、転職検討の際には再度ご自身を見つめなおし、悩まれた際にはいつでも弊社のコンサルタントまでお声掛けください。