転職者からの噂や評判のみで企業の良し悪しを判断するのはNG!

Nick 2016/10/11 転職ノウハウ

製薬業界は大きいようで狭い業界ですから、日々、色々な噂を耳にする機会があると思います。特に転職を検討する際には、そういった企業の噂に特に敏感になるでしょう。コンサルタントも日々候補者や業界関係者とお会いする中で、企業や人について様々な噂を耳にする機会があります。実は、その噂のほとんどがネガティブな内容です。

 

人のウワサは当てにならない

多くの発信情報は、転職者からのものでしょう。何かしら前職に不満があり、転職をしている方が殆どですので、そういった方たちからの情報は偏りがちです。現職に満足している、企業で良い待遇を受けている殆どの方はご自身の企業について、大きく声を上げないものです。噂の内容は「人」や「組織」についての内容が多いですが、残業時間や仕事スタイル、職場環境、給与や福利厚生、グローバルでの動きなど様々な種類があります。

XX会社のR&Dヘッドは横暴だなどの噂がある場合も、たまたまヘッドと反りが合わなかった方がたくさんの方に、話をして噂が周りに回っている可能性もあります。〇〇さんは、XX会社に入社して大幅に給与が上がったから、XX会社は給与がとても良いなども信憑性があまりありません。実は〇〇さんの前職の給与が低目の設定で、転職先で周りの方の給与範囲に合わせている為、〇〇さんにとっては、大幅な給与アップになった可能性もあります。

 

公平な評価は転職コンサルタントが把握してることが多い

噂は、人間ですから合う合わないそれぞれの見解が異なりますので、自分自身の目できちんで判断しないと難しい場合が多いですが、職場環境や、雰囲気、給与、福利厚生については、是非コンサルタントに確認をしてみてください。良いコンサルタントは事実をしっかり把握、または確認してくれるはずです。

噂を100%信じる前によく考えてみてください。上司の〇〇さんは、とっても働きやすくリーダーシップがある!という事はなかなか声に出して言う機会がないのに、〇〇は威張り散らして全然仕事をしないなど、悪い部分はすぐに噂になって広がり、普段の生活の中で、家族の愚痴は周りに話すけれど、家族の自慢はなかなかしないと思いませんか。

 

ネガティブな噂は伝播しやすい

ある心理学者によると強い不安を引き起こすような話題は、そうではない話題よりも、早く、そして広く伝播するそうです。転職先の企業について噂やインターネットの書き込みなどは信じすぎず、複数の方に意見を聞き、友人やコンサルタントにも話を聞いてみましょう。もしかしたら、先入観だけで、せっかくの縁を無駄にしてしまう事もあります。噂話も参考になりますが、最後は自分自身での判断で後悔のない転職をしましょう!