カウンターオファーがキャリアに及ぼすデメリット

Melissa 2017/09/20 転職ノウハウ

a stressed business man leans against the wall and contemplates the counteroffer

転職活動に成功して内定をもらったら、次にするのが今の会社に退職願いを出すことです。しかし、退職したいと伝えたらカウンターオファーを受けてしまった、そして辞退できなかった!という方も多くいるようです。カウンターオファーという響きは甘いかもしれませんが、多くの転職希望者がそれを受けることで失敗しているのも事実です。一体、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

信頼を失う

どんなに上司と良好な関係を築いていたとしても、退職したいと伝えた瞬間から、信頼は失われてしまいます。 カウンターオファーを受けて残ったとしても、これまでと同じレベルの信頼を取り戻すのは大変難しく、ワークライフに悪影響を及ぼしてしまう可能性が高くあります。

また、カウンターオファーを受けることで、あなたが転職予定だった企業からの信頼も同時に失うこととなります。もちろん、その企業に将来雇ってもらえる可能性はゼロに近いでしょう。企業はあなたを採用をするために莫大な時間や労力を費やし、社内にもあなたが近々入社してくる旨をアナウンスをしていたかもしれないのに、それが全て水の泡です。きっともう2度と、その企業から「採用」の2文字を取り戻すことはできないでしょう。

 

評価された結果ではない

カウンターオファーを受けたら、落ち着いて今一度考えてみてください。「なぜ、辞めると伝えた瞬間に昇進すると言ってもらえたのか?以前は実力を認めてもらえてなかったのか?」と。昇進とは通常、あなたが功績を上げ、努力が認められたという証明です。しかし、あなたに居続けてもらうための説得材料として昇進という切り札を出してきたのであれば、そこには多分、あなたの努力は関係ないでしょう。給料を上げるというオファーも、あなたの後任を採用するプロセスに比べれば、給料を上げる方が簡単だからという考えに他なりません。

 

自身の成長を止めてしまう

良い従業員が仕事を辞めていく大きな理由の一つは、現在の仕事や会社に未来を感じないからです。転職して新しいことにチャレンジするのは、自身を大きく成長させるせっかくのチャンスなのに、慣れ親しんだ職場に残り続けることで機会を逃してしまいます。

そして、次に昇進が決定される時、あなたは仕事を頑張った人とではなく「会社を辞めようとした人」として記憶されてしまっているでしょう。会社への忠誠心は昇進に大きく影響するため、裏切って出ていこうとした人というレッテルは将来的な昇進をストップさせてしまう原因になりかねません。

 

仕事の安定を失う

カウンターオファーを受けて現職に残っても、仕事の安定が揺らいでしまう可能性があります。あなたは一度は会社を辞めようとした人間。もし将来、会社がリストラする事態に陥った場合、真っ先に切られてしまうのはあなたかもしれません。

最悪のケースだと、あなたが退職したいと伝えた次の月に、会社は既にあなたの代わりの人材を探し始めているかもしれません…。

 

問題は残る

あなたが転職を決めた理由は、きっと給料だけが理由ではないでしょう。もし他にも原因があるとしたら、職場に残る限りそれらも残り続けます。上司と相性が合わない、ワークライフバランスが悪い、チャレンジや面白味に欠ける、将来のキャリアアップが望めない、など転職を決める要因となった様々な問題はカウンターオファーを受けることで残ります。これらの問題を無視することができますか?カウンターオファーは、給料アップや昇進などが含まれた魅力的なパッケージでしょうが、だからと言って問題が消えるわけではなく、むしろ想像よりも早くそれらの問題に再び悩まされる日がやってくるでしょう。

 

まとめ

・退職願いを出すことで、現職の上司と、転職予定だった企業の両方から信頼を失ってしまう

・今の会社がリストラする状況になった際、一番先に切られてしまう可能性がある

・カウンターオファーを受ければ、これまでの会社や仕事への不満は全て消えますか?答えがノーであれば、きっとあなたはまたすぐに転職活動を開始するでしょう。