キャリアアップに上手に活かす!リクルーターに会う6つのメリット

Melissa 2017/09/25 転職ノウハウ

Young successful businessman standing in front of the city

今の仕事はとても面白く、同僚も良い人ばかりで、何も不満はないというあなたは、リクルーターに会う必要性を特に感じていないかもしれません。それでは、あなたは今の会社で定年まで働き続けたいとお考えですか?もし答えがノーであれば、今から少しずつリクルーターと接触して関係を築いておいても何も損はありません。もし将来転職したいと思った時にすぐに動き始め、キャリアアップにつながるポジションを効率よく見つけ出せるからです。

それでは、なぜリクルーターをあなたのキャリアアップに活かせるのでしょうか?

 

リクルーターの人脈を活用する

仕事の出来るリクルーターは、担当する業界に幅広い人脈を持っています。リクルーターは人事部長や採用担当者をただ知っている以上に親しい場合が多く、どのような人材を求めているかまで詳しく知っている事がほとんどです。そのような内部事情を知るリクルーターが、あなたのレベルや条件にミスマッチな求人案件をいちいち紹介して時間を無駄にすることはありません。あなたにその案件を紹介するということは、それがあなたにピッタリだというだけでなく、企業が求める条件にも合っていると確信しているからに他なりません。

 

マーケット知識

リクルーターは多くの企業の募集中ポジションを知っており、その企業や人事部長の考えや求める人材像をよく理解しています。そして、どのようなポジションが募集されているか伝えてくれるので、あなたはパソコンの前で仕事探しに明け暮れる必要がなくなります。また、仕事の出来るリクルーターは、あなたの許可なしに履歴書を企業に送付することは絶対にしません。まずはあなたが、どの企業に履歴書を送りたいかを決め、それをリクルーターが代わって送ってくれるので、効率が良く時間の無駄もありません。

 

長期的なキャリアサポート

リクルーターはあなたと長期的に連絡を取り合いながら、あなたの将来のキャリアアップをサポートしたいと望んでいます。リクルーターと関係を築くことで、常に業界の求人情報をアップデートでき、転職を決める際には非公開の求人情報を得ることもできます。

たとえリクルーターがあなたの希望する求人情報を今持っていなくても、あなたが今の仕事に満足していても、彼らのサービスを必要とする時がいつか来るかもしれません。リクルーターに事前にあなたの希望を伝えておけば、将来希望にぴったり合ったポジションが募集された時に思い出してもらえ、連絡をもらえるでしょう。

 

自分の市場価値を知る

リクルーターは担当する業界をよく知っており、求人マーケットについても常にアップデートされています。ですから、あなたのスキルや経験がどのくらい需要があるのかや、今の給料が正しい額なのかなど業界情報を教えてもらえます。さらに、リクルーターは給料交渉のプロなので、転職する際は自分で交渉するよりも高い給料につながる場合が多く、彼らはあなたの市場価値をきちんと把握しているので適性額より落とされることもありません。

 

面接準備

何かが上手になるには練習が必要で、練習すればするだけ上達します。もしあなたが今の会社に勤めて長ければ、面接スキルを上げる練習などしばらくしていないでしょうが、練習しておけば将来の転職活動で必ず役立ちます。リクルーターは、あなたが本番に臨む前に和やかに模擬面接をしてくれるので、しばらく面接を受けていない方でも感覚をリフレッシュし、上手に自己PRできるようになるでしょう。

 

興味のある仕事に出会える可能性

今は転職する気がなくても、どのようなポジションが募集されているのか気軽にチェックしてみるのも手です。たとえ現在の仕事に満足していたとしても、外に目を向けてみればもっと興味を持てる仕事があるかもしれません。最初はその気がなくても、気持ちが変わり新たにチャレンジしたくなることもあります。

最後に、忙しさを理由に仕事探しを妥協しないでください。リクルーターとのたった20分程度の会話が、あなたの将来のキャリアを大きく開花させるかもしれませんよ。

 

まとめ

・リクルーターは業界に広い人脈を持っており、多くの企業の人事部長とも関係が深い

・リクルーターは業界の求人マーケットを良く把握しており、あなたが今転職するべくかどうかを的確に判断しアドバイスしてもらえる

・事前にリクルーターに会っておけば長期的に連絡を取り合うことができ、いざ転職しようとした時にすぐにサポートしてもらえる

・たとえ転職を考えていなくても、興味を抱く運命の仕事に巡り合える可能性がある