新人マネージャーとして90日で成功する方法

Melissa 2018/01/08 転職ノウハウ

新しい職場でマネージャーとして着任し、最初の3ヶ月が勝負どころです。部下からの信用を獲得し、良い第一印象を与え、新人マネージャーとしてチームにスムーズに溶け込むためのヒントをお伝えします。

 

直属の部下をよく知る

有能なマネージャーは社内で積極的に関係構築していかなければなりません。着任して数日は、ありとあらゆる情報に頭がいっぱいになることが予想されますので、最初の数週間で直属の部下と一対一のミーティングを行うように試みてください。マンツーマン面談は、比較的早い段階に良好な関係を築く結果につながります。このミーティングは、直属の部下の性格を知るだけでなく、もしお互いに働き方の違いがあれば、それを知る良いチャンスにもなります。この時に例えば、連絡や指示などはEメールを好むか、それとも直接口頭での方が良いか、などの質問をしてみてください。彼らは直接的、それとも間接的なコミュニケーションを好みますか?外向的、それとも内向的なタイプですか?このように質問することで、効率的なコミュニケーションを促すだけでなく、部下たちにとっても仕事がしやすくなります。

他にもこのような質問がお勧めです:

・どのような仕事やプロジェクトを得意としているか-その人の強みを活かした仕事を与えられるように、聞いてみてください。

・部署内で問題点や改善するべき点があると思うか-あなたより長く在籍しており、会社のことをよく知っている人の意見は大変貴重です。

・キャリアゴールや、社内でどの役職を目指しているのか-その人のゴールを知ることで、より成長しやすい環境を与えることができ、それが仕事への更なるモチベーションへとつながればゴールに到達出来るかもしれません。

このような質問をすることは、部下たちの働き方やコミュニケーションの取り方を知るだけでなく、あなたがどのようなリーダーであるかを示し、良い関係を築くきっかけにもなるでしょう。

 

チーム結束

あなたが部下たちと親友になる必要はありません。しかし、部下たちの「会社の外の顔」を知ることで、仕事がもっと楽しくなり、長期的なあなたの成功にもつながります。そこで、着任して最初の数週間のうちに、ぜひチームランチを企画してみてください。リラックスした雰囲気の中で、部下たちの事をさらに深く知ることができます。これによってあなたの新しいチームに結束力が生まれ、長期的にチームで効率良く仕事することができるようになります。

 

早い成功体験

着任して早い段階でチャレンジしたいのは、チームで何かを達成することです。これが勢いとなって将来的な大成功へつながり、チームにもあなたにも自信をもたらします。どんなに小さな成功体験でも、それを早い段階で達成することで、あなたのリーダーとしての能力にも自信がつきますし、チームの団結力も高まります。大きな成功に結びつけるための小さな成功、簡単な事ではありませんが、ぜひ努力してみてください。

 

まとめ

・直属の部下と良い関係性を築くためには、着任してすぐに彼らの働き方を知る事が大切

・社内、社外両方で部下を知ることが、チームでの将来的な成功につながる

・早い段階でチームで何かを達成する―勢いを増し、将来の大きな成功につながる