ブログ記事一覧に戻る
Blog Img

公認会計士の理想のキャリアパス

​公認会計士は、近年の経済活動の複雑化、多角化に伴いニーズが高まっている職種です。最難関の一つと言われる国家試験に合格した公認会計士として、どんな就職先があり、どんなステップを踏んでいくのが理想のキャリアパスなのでしょうか。監査法人に留まらず、インハイスでのポジションニーズや転職のメリットなども含めてご紹介します。

キャリアの選択肢が広がる公認会計士

公認会計士とは、監査・会計のプロフェッショナルとして国家資格を持つ職種です。日本の公認会計士を目指す人は年々増えていますが、それよりも若干難易度が低いとされるUSCPA(U.S. Certified Public Accountant、米国公認会計士)を受験する人も多くいらっしゃいます。

近年はビジネスのグローバル化やM&Aが活発化していることもあり、市場全体で公認会計士の役割はますます顕著化、多角化しています。従来は、大手監査法人で企業の会計監査業務を担当するのが公認会計士の一般的なキャリアでしたが、それに加え税務業務や会計コンサルティング、ビジネスコンサルティング、株式公開支援、投資の際の財務デューデリジェンスなど、監査法人でも企業内でも公認会計士のキャリアの選択肢は広がっています。

監査法人でのキャリアスタートが最も人気

USCPAもしくは日本の会計士試験に合格すると、まずは監査法人に入社するのが一般的なキャリアパスと言えます。公認会計士は税理士の業務も行うことができるため、会計事務所(税理士事務所)や税理士法人に所属する人や、財務に関するアドバイザリー業務を行うFAS(Financial Accounting Services)に新卒で入社する人もいますが、多くの公認会計士にとっては監査法人が最も人気のある就職先です。

監査法人では、はじめは事業会社に対する監査業務を行うのが通常です。主査を担当するようになり経験を積んでいく中で、そのまま監査法人内でさらに上を目指すか、大手であればグループ内で異動し監査以外の業務に従事することも選択肢に入ってきます。また、FASなどへのキャリアパスも開けるようになり、そこで会計だけでなくデューデリジェンスをはじめM&Aに関わるコンサルティングや、企業再生などのアドバイザリー経験を磨いていくことが可能になります。監査一筋で専門スキルを磨いていくのも良いですし、M&Aに携わる醍醐味を味わいたいのであればFASを目指していくのも良い選択でしょう。

メリットの多いインハウス会計士のキャリア

一般的に企業内会計士もしくはインハウス会計士と呼ばれる組織内会計士ですが、企業の経理や財務、内部監査、税務部門、もしくは経営企画室などで活躍できます。

一般的には、監査法人で監査経験を積んだあとに経理や財務に転職する場合が多いですが、FASでコンサルティング業務を経験したのち、経営上の意思決定を財務的な立場からサポートする管理会計やFP&A(Financial Planning & Analysis)への転職が近年は活発です。企業側もAIやRPAの促進などに伴い、財務・会計の実務に留まらず事業立案や経営戦略に参画できるような、ビジネスセンスの高い人材を求める傾向にあります。さらにそこから経験を積めば、CFOやHead of Financeなど役員待遇の転職を実現することも現実的になってきます。

事業会社では監査法人と異なり、CPAを持っているからといって明らかに優遇されるということはありません。自分の得意分野な何なのか、他の会計士と差別化できる付加価値は何なのかを考えながら転職活動を進めていくことが大切です。特に、大企業のインハウス会計士は幅広い経理実務を経験できることが多く、加えて安定した立場が得られる、福利厚生が充実している、社員のワークライフバランスを重視し働きやすい環境が整っているなど、多くのメリットがあります。報酬面でも、エイペックスが最も取り扱うヘルスケア企業での経理ポジションになると、かなりの好待遇で転職を成功される方が多くいらっしゃいます。ただ、特定の企業に入社するということになりますので、ご自分の興味のある分野なのか、社風や企業カルチャーはどうなのかなど、ご自分に合ったところで活躍できるようしっかりと事前にリサーチが必要です。

最も報酬の高いプロフェッショナルファームでのキャリア

そこまで多くありませんが、監査法人で経験を積んだのち戦略コンサルティングファームに転職する方もいらっしゃいます。クライアントの経営課題解決のため、その事業や市場の分析、それによる仮説を導き出す経営アドバイザーの役割を担いますが、大手監査法人に比べても報酬が高い分激務とも言われています。

また、コンサルティングに近い業務として投資銀行やPrivate-Equityファンド(PEファンド)への転職も考えられます。投資銀行では、FASで行う業務に加え資金調達に関するコンサルティングもでき、FASよりも大きなディールを扱えるのが特徴です。プリンシパルとして投資に関わるPEファンド含め、報酬が高い分求職者に求められるスキルや資質も厳しく、競争率も非常に高いです。

いずれにしても、監査法人とは異なりクライアントもしくは投資家ビジネスとなり、ご自身の知見でクライアントのビジネスに貢献できる点は大きなやりがいとなります。今まで培ってきた監査や会計の分野とは違う知見が必要になりますので、覚悟と同時に常に知識を得て学んでいくという姿勢が大変重要です。

まとめ

このように、USCPAや日本の会計士に合格している方であればキャリアの選択肢が広がることは間違いなく、30代までに自分の専門性や戦う場所を決めることができれば良いキャリアを積むことができるはずです。

短期間でスキルを高めたいのであれば、比較的会計士の多いFASで自分と似たようなバックグラウンドで丁寧に教えてくれる人の中でキャリアを積むのが良いと思いますし、自分にプレッシャーをかけて成長したいという方であれば、投資銀行やコンサルティングファームに転職し短期間で多くのプロジェクトを経験し、スキルを向上させるというアプローチも可能です。実務のみならず、関連する分野でCFA、CMAなどの金融系の資格を取得するなども20代のうちは有効な手段です。

公認会計士という資格を武器にして、自分の好きなもの、関心の強い分野で勝負していく方も多いので、スタートアップや起業という選択肢もあります。キャリアの間口が広い分、ご自身の人生の価値観や生活スタイルも影響されますので、しっかりと将来を見据えながらキャリア形成していくことが大切です。

最新の転職市場の動向など、

転職・人材に関するブログ記事はこちら