ブログ記事一覧に戻る
TOEICスコアを記入する欄のイメージ

【TOEIC 900点の転職】注意点やおすすめの求人をご紹介

​TOEIC900点を取得し英語力には自信があるにも関わらず、転職時にどう活用したら良いか分からずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?また、転職を視野に入れている方の中には、「TOEICの高得点がどう転職でメリットになるのか知りたい」「TOEICが必要な求人を知りたい」とお考えの方も少なくないと思います。TOEICの高得点は、上手く活用することで転職市場では非常に有利に働きます。しかし、ただTOEICのスコアをアピールするだけではなかなか内定の獲得は難しいでしょう。そこで本記事では、英語力を活かした理想の転職を実現させるために、

  • TOEICスコアが転職で重要な理由

  • 転職市場でTOEIC900点以上を保持するメリット

  • 反対にTOEIC900点を持つ方が転職で気をつけること

などをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

TOEICのスコアが転職で重要な理由

それではまず、TOEICスコアが転職で重要な理由を見ていきます。英語力の重要度は企業や業界にもよりますが、特に外資系企業では、高い英語力を証明することが必要になります。TOEICで高得点を取得していると、このような英語力によるスクリーニングを通過することができます。反対に高い英語力を要件としていない日本企業では、実務経験のほうが重視される傾向にあります。そのため大手日系企業への転職の場合、同じ業界で長期間キャリアを積んできた方々とポジションを取り合うことになり、今までの職歴だけでライバルと大きく差をつけることが難しくなってしまいます。そこで、他者との差別化にTOEICを活用することが有効な手段となります。近年はグローバル化により海外進出を視野に入れて成長している日本企業も多く、英語力を社員に求めることが増えてきています。英語力は必須ではないにも関わらず、もしあなたがTOEIC900点を取得している場合は、同じように転職を志望している方々に対して差をつける要素になりえます。

希望の転職先がある場合は、企業のホームページや求人紹介から、求められている人物像や条件を確認し、高い英語力が必要になるか確認してみましょう。転職エージェントに確認することで応募先との面接中にどのように英語力をアピールしたら良いかをアドバイスしてもらえるので、相談してみるのも一つの手です。

転職エージェントに英語力の活用方法を相談する

転職におけるTOEICスコア別の評価

各TOEICレベルにおける面接官からの評価

次に、転職活動においてTOEIC900点だけでなく、その他のスコアでどのような評価を受けるのかをご紹介していきます。

600点

TOEIC600点はTOEIC受験者の平均にあたる点数であり、転職時の履歴書に書くためには最低限必要となるスコアになります。基本的に簡単な英語や短い文章なら聞き取れ、長文もある程度理解できるレベルであり、簡単なメールのやり取りなどは問題ないとみなされます。最低限のビジネス英語力があると判断されるスコアのため、英語が必要な仕事でもTOEIC600点以上とすることが多くありますが、本格的な業務を遂行しようとすると難しい可能性も高く、転職市場で英語力が高いことをアピールすることは難しいでしょう。

700点

TOEIC700点は履歴書に書いて英語力をアピールできるレベルです。やや複雑な会話ができ、英語を使ったコミュニケーションをほとんど不自由なく行えるとみなされます。ビジネスレベルの英語力が応募要件の場合、TOEIC700点を取得していれば英語力が理由で書類選考を落とされることはほとんどないでしょう。ただし、いわゆる日常業務の範囲内の英語であれば問題ないという位置づけであるため、実際のコミュニケーション能力は採用面接の中で判断されることになるでしょう。そのため、英語力を強みとして日系企業への転職を考えている場合は、まず700点を取得すると良いでしょう。

800点

TOEICで800点を取得していると、転職時に十分な英語力を保持しているとみなされ、国内の日系企業に転職する場合はその他の応募者と大きく差をつけることができます。英語が必須の外資系企業の場合でも、条件をクリアしていると見なされます。ビジネスシーンでの意見交換もほとんど困らないレベルで海外赴任なども視野に入れることが可能であるため、英語を使う仕事に就くことを目的とする場合は800点を目指すと転職市場で大きな武器になるでしょう。

900点

最後にTOEIC900点ですが、複雑な会話に対応でき、長文の読み取りや聞き取りも可能であるほか、意見交換や折衝、プレゼンテーションなどの難解な業務を支障なく行えるレベルと見なされます。外資系企業などでも語学力に対して不安なく活躍できるレベルです。そのため、英語力を軸にキャリアを築きたい方は、難しいですが900点を取得することをおすすめします。しかし、TOEIC900点以上のレベルを求める企業は、社内公用語が英語だったり、外国籍の社員が多く在籍していたり、業務でグローバルと協働するケースがほとんどです。そのため、英語を使った実務経験が問われる場合もよくあるため、事前に募集要項や企業のホームページをしっかり確認しておきましょう。実務で英語を使う前提のポジションでは、英語の履歴書を提出することはもちろん、英語面接も行われるため、しっかりと対策しておくことが重要です。


TOEIC900点以上が求められる職種

海外で働くために空港に到着した男の人

TOEIC900点以上が求められる職種は、特に通常の読み書きと英会話に加えて、英語を使って専門的な内容を取り扱う必要がある仕事が多く、エイペックスでもそのような職種を多く扱っています。ジュニアレベルでは日常会話程度で良かった英語力でも、職位があがってグローバルと協働する必要が出てくると、TOEIC900点以上に期待される英語力が必要になってきます。通常グローバルで活躍する業務の目安はTOEIC800点ですが、特に下記のような職種では900点が必要になります。

  • 国際法務

  • 通訳、翻訳

  • 国際公認会計士

  • 特許関係

このような職種は英語力に加えて、専門的な知識や優れたビジネススキルも必要となりますが、それらを兼ね備えていると転職市場では高い評価を得ることができます。別記事で、英語を使う仕事をTOEICスコア別に分けてご紹介しています。英語を活かした転職をしたい方はそちらも合わせてご覧ください。

その他、どんな仕事でTOEIC900点以上が求められるかを知りたい方は転職エージェントにご相談ください。TOEICスコアを活かした転職をサポートいたします。

転職エージェントにTOEICスコアを活かした転職について相談する

TOEIC高得点を必要とする企業の職務と要件・年収例

例1:JAPACマーケティングマネージャー(大手グローバル医療機器メーカー)

職務

JAPAC地域における包括的な市場開発ローンチプランを策定する。

要件

クロスファンクショナルチームでのリーダーシップ力、卓越したコミュニケーション能力と対人能力、データ収集・分析能力、複数の領域(マーケティング、市場参入、治療ガイドラインなど)にまたがる課題解決力など

年収

1,100万円~1,600万円

例2:法務ポジション(国内総合商社)

職務

大手日系総合商社にて、国内外の投融資案件に係る法的スキームの構築・契約書作成・交渉等の支援その他リーガルリスク対応、訴訟・仲裁案件の戦略立案・遂行、コーポレート法務、コンプライアンス対応などを担う。

要件

弁護士事務所や大手企業法務部において上記職務内容記載の業務を5年~10年程度経験し、海外M&A・投資・プロジェクト・訴訟・仲裁のいずれかに精通していること、日本・米国等の弁護士資格を保有し、またはこれに相当する知識・能力

年収

応相談

例3:事業企画/開発マネージャー(バイオベンチャー)

職務

当該企業の経営企画業務を統括し、国内外の競争環境を深く分析した上で、中長期の経営目標を経営陣とともに策定するとともに、その達成に向けた事業戦略の立案・策定および実施状況の管理を担う。

要件

高度な経営戦略に関する理解力を有し、社内外の情報を総合して効果的な戦略として纏める企画力と、戦略を最後までやりぬく実行力社内外のステークホルダーとの交渉、利害調整を図る交渉力

年収

応相談

例4:ジャパンゼネラルマネージャー(外資系医療機器メーカー)

職務

日本の戦略を調整し、継続的な改善と業績達成のために全機能のリーダーを鼓舞し、牽引する等

要件

大卒以上、医療機器業界経験、10年以上の経営経験、意思決定力、コーチングと能力開発スキル、戦略と実行の能力、ビジネス洞察力、コストおよび収益管理能力、等

年収

2,000万円~4,000万円

転職時にTOEIC900点以上を保持するメリット

TOEICで900点以上のスコアをとるメリットを感じている女性

それでは、転職時にTOEICで900点以上を取得しているメリットをご紹介します。

英語力を客観的にアピールできる

TOEICは転職活動の際に、英語力を証明するために利用できます。ただ口頭で英語ができることを伝えるよりもTOEICのスコアとして持っておくことで、現在の英語レベルを明確に伝えることができます。また、業務で英語を使用した経験が歓迎されている場合でも、例え経験がなくとも英語力の証明となります。最近では、従業員にTOEICを受けさせる企業も増えてきており、受験したことがある方も多いため客観的に高い英語力をアピールできる手段となるでしょう。

英語のスキルを求める企業が増えてきている

グローバル化によって英語力を求める企業も増えてきており、英語のレベルを見られるようになってきています。外資系企業ではもちろんのこと、日系企業でも英語のスキルを求める企業は増えてきています。TOEICがビジネス英語に特化していることもあり、海外の取引先とのやり取や、海外への事業拡大など、ビジネスで英語を使う場合には、TOEIC900点を十分にアピールすることができるでしょう。

目標達成に向けて努力できることをアピールできる

TOEIC900点は取得がとても難しく、取得のためには時間も労力もかかります。そのため、「目標を定めて達成に向けて諦めずに努力を継続できる人」と判断されることも多いでしょう。その他にも、900点を取得するためには自己管理が必要となったり、向上心があることのアピールになったりと複数の側面からあなたをアピールすることにつながります。

海外勤務や英語でのやり取りが視野に入ってくる

先述しましたが、TOEICで900点を超えてくると携わることができる業務範囲が広がり、海外勤務や英語でのやり取りが視野に入ってきます。問題なく海外のクライアントや同僚、レポート先とコミュニケーションが取れるレベルであるため、国内だけでなく海外赴任も選択肢に入り、転職が有利に働くことがあります。また、一度海外勤務を経験して日本に戻ってきた際には、希少なグローバル人材として市場価値が上がり、転職での苦労は大きく減るでしょう。

反対にTOEIC900点を持つ人が転職で気をつけるべきこと

TOEICで900点を超えているけど転職で苦労している男性

ここまでは、転職においてTOEIC900点を持つメリットをご紹介してきましたが、たとえTOEICスコアが高くてもなかなか転職がうまくいかないことがあります。本章では、高いTOEICスコアを活かした転職を考えている方に気をつけていただきたいことをご紹介していきます。

TOEICが評価されにくい求人がある

まず1つ目は、TOEICが評価されにくく、TOEIC900点が有利に働かない求人があることです。例えば、大手企業や外資系の投資銀行、戦略コンサルなどは、学歴や経験、キャリアがより求められ、TOEICのハイスコアだけでは評価されにくい傾向にあります。特に英語ができて当たり前、という外資系企業では、TOEICでハイスコアを取得している前提で、学歴やこれまでのキャリアが見られることも多いです。そういった企業への転職を希望している方々は、TOEICのスコアに加えて専門知識を深めたり、人材管理やプロジェクトマネジメントなどの経験やスキルを磨くようにしましょう。

スピーキングやライティングを求められる場合がある

一般的にTOEICは、リスニングとリーディングの能力を測る試験であり、スピーキング力とライティング力はアピールしづらいスキルです。特に、英語でのコミュニケーションが日常的に行われる企業では、TOEICスコアよりも英語での実務経験が重視される場合もあります。スピーキングやライティングを伸ばすためには、英会話教室に通うなど自分で意識的にスキルを伸ばす練習を行うことが重要です。英語面接はあなたのスピーキング力をアピールするチャンスにもなりますので、しっかりと練習してTOEICスコアだけでなく、英語でのコミュニケーションスキルも証明できるように準備しておきましょう。

エイペックスのコンサルタントは全員がバイリンガルであるため、英語での採用面接の対策が可能です。「TOEICを活かして英語を使う仕事に転職したいけれど、履歴書の作成や面接が不安」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

英語での履歴書の書き方や面接方法について相談する

自己分析は徹底して行うこと

TOEIC900点を取得しても、自己分析は徹底して行い英語力以外のスキルもアピールすることが不可欠です。英語を話せても、採用担当者に上司や同僚、クライアント等とのコミュニケーションが円滑にできずに信頼関係を構築できないと思われたら、内定獲得は難しいでしょう。入社して活かせるスキルや貢献できる分野など、語以外の自分の強みをしっかりとアピールすることが、転職の際には重要となります。そのため、自己分析や志望する企業の調査などは徹底的に行うようにしましょう。転職の際のスケジュールの立て方面接中に意識すべきこともご紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください

TOEIC900点を目指すためにおすすめしたいこと

転職に向けてTOEICで900点をとるために英語を勉強する女性

本記事をご覧の方々の中にはTOEICで900点を取得されている方もいらっしゃると思いますが、TOEIC900点を目指す方に向けて、おすすめしたいことをご紹介していきます。

毎日勉強を継続する

効率的にTOEICでハイスコアを取得するためには、毎日の学習が欠かせません。毎日2〜3時間は勉強することが望ましいですが、平日の仕事終わりに時間を確保することは難しいですよね。そのため、通勤や休憩などの隙間時間を活用しましょう。リスニングのアプリを入れて音声を聞いたり、単語を少しずつ覚えたりと隙間時間でもできることはたくさんあります。毎日英語に触れて習慣化することで、英語に慣れることができます。

時間を有効活用するために英会話スクールやコーチングを受ける

TOEICでハイスコアを取得するためのノウハウを持った英会話スクールや、コーチングサービスを受けることです。特にコーチングサービスでは、目標点数を設定して、その点数を取るためのノウハウやスケジュールを教えてくれるため、自分で勉強を進めるよりも効率的にハイスコアを取得できます。

TOEICに適した勉強をする

TOEICに適した勉強をすることも重要です。TOEICのスコアを伸ばすことが目標の場合は、TOEICに特化した勉強方法を選ぶ必要があります。純粋に英語力を上げる場合は、英語の映画を見たり英会話の練習をするなどの方法がありますが、TOEICに特化した勉強では、TOEICの公式問題集などを解いて問題の傾向を把握した上で、頻出単語や苦手パートの強化を行う必要があります。

TOEICを活かした転職における傾向の変化

エイペックスでは、英語力を必須とするポジションを数多く扱っていますが、TOEIC900点以上を必須としている求人は稀で、現在はTOEIC600点~850点相当の英語力を求める場合が多いのが現状です。つまり、TOEIC900点を取得している時点で転職活動では非常に有利に働くと言えるでしょう。そして英語力を求める職種の中でも、特に法務(リーガル)、HR(人事)といったバックオフィスのポジションのほうがハイスコアを求める傾向にあります。現場で英語を使用する職種の場合はその専門分野でのやり取りになるため、TOEICのスコアよりも専門知識や経験のほうが重視される傾向にあるためです。

また前述しましたが、職位があがるほどグローバルと協働する機会が増えたりするため、スタッフよりもマネージャー、マネージャーよりもディレクターのほうが高い英語力が必要になるケースが多くあります。ただし実際には、企業は具体的にTOEICのスコアを求めるというより、英語面接を実施してその方のコミュニケーション能力を見極めて合否を判定することが多いため、TOEIC対策だけを行っていれば良いというわけではありません。また英語での実務経験を問われることが増えているため、現職でもしそのようなチャンスがあればチャレンジすることもぜひ検討してみてください。

TOEIC900点以上を活かした転職なら転職エージェントを活用

TOEIC900点を活かした転職に成功した男性

TOEIC900点以上を活かして転職活動を行う場合は、ほとんどの場合TOEICスコアに加えて、英語での職務経歴書や履歴書の作成、面接対策が必要になってきます。実際に面接官に対して自身の良さをアピールするためには、英語での面接練習が特に不可欠です。バイリンガル向けの転職エージェントであるエイペックスでは、英語の履歴書・職務経歴書の添削から英語の面接練習まで、バイリンガルの人材コンサルタントが内定獲得に向けサポートいたします。志望する企業に英語であなたの良さをしっかりと伝えるために、まずは相談だけでもしてみませんか?

エイペックスに英語を活かした転職について相談する

最新の転職市場の動向など、

転職・人材に関するブログ記事はこちら