ブログ記事一覧に戻る
転職の日程が書かれたスケジュール表

希望通りの転職に向けたスケジュールの立て方や注意点をご紹介

転職活動を始めようとしたものの、何にどのくらいの期間がかかるのか分からずに不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?転職にかかる期間は人それぞれであり、応募企業によっても進み具合が異なったり、ゴールデンウィークやお盆休みなどの長期休暇を挟むことで選考期間が伸びてしまうことも考えられます。

自分が置かれている状況を把握して、第一志望の企業への転職を逃してしまったり転職したいと思ってもなかなか活動が進まないといったことが起きないように、自分が置かれている状況を把握して余裕を持ったスケジュールを立てましょう。本記事では、これから転職活動を始めようとしている方に向けて、希望に沿った転職を実現させるため、一般的な転職活動のスケジュールやスケジュールの立て方、実際にあった3つの成功事例などを解説していきます。まだ転職するか悩んでいる方は別記事もご覧ください。

一般的な転職活動のスケジュール

希望条件や職位、長期休暇にもよりますが、転職活動の期間は3~6か月が一般的だと言われています。応募してから面接を受けるまでの流れや、企業からの選考結果を待つ時間、引き継ぎや有休消化にどれくらいかかるのかは人によって違いますが、転職活動の大まかな流れは下記のようになっています。

ステップ1 事前準備:約1.5週間
ステップ2 書類作成・応募:約2週間
ステップ3 面接・選考:4〜5週間
ステップ4 内定・退社・入社:4〜6週間

それでは各ステップで取り組むべき内容について詳しくみていきましょう。

ステップ1 事前準備:約1.5週間

転職活動のために事前準備をしている男性

まず事前準備は、「スケジュール作成」に加えて、「自己分析」や「情報収集「転職で達成したいことの順位づけや目的の確認」を行います。転職は、ただ履歴書を作成して求人を見つけ、応募するだけではありません。まずは目標としている退職日までに転職できるよう自分に合ったスケジュールを立てましょう。具体的な転職スケジュールの立て方は後述しています。
スケジュールを立て終わったら、自分の強みや今までの経歴、転職で達成したいことの順位づけや今回の転職の目的(転職の軸)などを再確認します。転職活動では提出書類から始まり、面接中にも自分についての説明やアピールが必要となりますが、それらをどう面接官に伝えるのかを考えることも重要で、上手く伝わらないと面接官はあなたの魅力を理解することができません。そうならないためにも、自己分析を徹底して強みや今までの経歴、転職活動の目的などを含めて面接官に伝わるように準備しておきましょう。自己分析の際は、下記の3点を整理します。

  • 今まで自分が何をしてきたか

  • 現在アピールできるスキルや知識などは何があるか

  • 将来どんなことを達成したいか

今までの仕事内容や自分の役割、目標に対して、どんな困難があって、どのように工夫して乗り越えたのか、失敗した場合はなぜ失敗してそこから何を学んだのかを具体的に書き出しましょう。成功体験や失敗体験をエピソードとして振り返ることで自分のスキルや経験、強み弱みを含めて自己分析がしやすくなります。自己分析と同時に、自分自身をブランド化することで他者との差別化を図る「セルフブランディングの考え方も自分を売り込むためには重要なのでぜひ参考にしてください。また、「仕事内容」や「年収」、「勤務地」など色々と条件がある中で全てを満たす企業が見つかる可能性は高くないため、転職活動が進んで複数の企業から内定をもらった時に一社に絞る材料となる「転職で達成したいこと」も最初にしっかりと考えることが重要です。

転職軸やこれから達成したいことが決まったら、「情報収集」を行い、応募企業を選んでいきます。気になる企業が見つかったら、求人情報に掲載されている内容だけでなく、仕事内容や企業の最新情報のチェックを行い、自分の転職の軸に合っているか、自分が企業の求める人物像に合っているかを確認しましょう。同時に、自分が希望している業界の将来性や、他業界への転職の場合は自分のどのスキルがどのように活かせるのかを考えます。業界研究をすることで応募したい企業が業界内でどのような立ち位置であるのかを理解でき、書類の作成や面接時の質疑応答、入社後にも役立ちます。ネットで探すだけでなく、本を読んだり、実際に友人がその業界で働いている場合は話を聞いてみるのも良いでしょう。注意点として、中途採用の求人は採用人数が少ないため、短期間で募集終了してしまう恐れがあります。そのため、こまめに求人を確認して、気になる企業は逃さないようにしましょう。

自分の強みの伝え方や転職の軸で迷ったら転職エージェントを頼るのもおすすめです。転職のプロが客観的にあなたの人材としての説得力を判断したりアドバイスするため、面接官に伝わりやすい文章を作成することができます。また、今のあなたの市場価値の診断や、あなたの希望条件や転職の軸をもとにした求人の紹介もできます。転職エージェントのエイペックスでは各業界に精通したコンサルタントが多数在籍しているため、業界情報でお困りの方のお役に立てます。もしお困りでしたらカジュアルにご相談だけでもいかがでしょうか?

自己分析や転職の軸について無料でエージェントに相談する


ステップ2 書類作成・応募:約2週間

転職に必要な書類を表した画像

自己分析や転職の軸などが決まったら書類の作成(履歴書・職務経歴書)と応募の段階に入ります。
履歴書は住所や連絡先、学歴などの個人情報を記載したものです。企業から手書きの指示がない場合はパソコンで作成しましょう。履歴書を作成するときは、正式名称で学校名や会社名を記入することや、日付を和暦もしくは西暦で統一し、誤字脱字をチェックするように注意しましょう。
職務経歴書はこれまでの仕事内容や職場での役割、スキルや自己PRなどを記載したものです企業によって、求めている人材や経歴、スキルが異なるため、応募企業に合わせて自分のどの経歴やスキルをアピールすれば応募企業が求める人物像やスキルとマッチし、企業側に魅力が伝わるかを意識することが大切です。応募先によって志望動機やアピールすべきポイントなどを忘れずにその企業にあった形に変更しましょう。
基本的にA4サイズ1〜2枚でまとめるようにし、業務の中で自分が工夫した点や実績などもエピソードとして記載しましょう。これらは自分がどんな人材であるのかを企業に伝える重要な書類であるため、職務経歴書を作成するためのヒントを活用しながら、時間をかけてしっかりと作成しましょう。

また、ほとんどの外資系企業では英文履歴書の提出が求められるため、初めての方でも失敗しない英文履歴書の書き方を参考にしながら準備するようにしましょう。エイペックスのような転職エージェントを活用することで、日本語はもちろん、英文履歴書の添削や面接のサポートを受けることができます。

ここで一つ注意点ですが、職務経歴書は定期的に見直して更新する必要があります。転職サイトを使って応募する場合は、そのサイトのフォーマットに従って履歴書や職務経歴書などを作成します。

書類の作成が終わったら、次は求人に応募します。応募前には、自分がステップ1で考えた転職をする目的に合致しているのか、企業の求人は自分にマッチしているのか(合格の可能性はあるのか)、将来やりたいことを達成できそうか?などを再確認しましょう。
求人の応募は1社ずつ行うのではなく、複数の会社に同時並行で行うことをおすすめします。複数社を同時に進めることで、気になる会社から内定をいくつかもらってから比較検討することが可能になります。また、1社ずつ応募してしまうと、気になっていた企業の求人が締め切られてしまう場合もあるため、注意が必要です。

履歴書や職務経歴書を作成する際には、応募したい企業の情報や求める人物像を理解することが重要となります。インターネット上での確認も可能ですが、より詳しい情報を知りたい場合は転職エージェントを活用しましょう。エイペックスでは、専門のコンサルタントがあなたの希望する企業に関してプロならではの情報を提供したり、履歴書・職務経歴書の添削も行っています。

履歴書や職務経歴書について無料でエージェントに相談する

ステップ3 面接・選考:4〜5週間

転職の面接のスケジュールを立てている男性

書類選考に通過したら、いよいよ企業との面接が設定されます。働きながらの転職活動は面接日程の調整や面接対策で忙しくなりますが、入念に準備しましょう。会社によって面接回数や選考回数が異なり、調整が難しいですがここが山場になります。
採用面接は応募先企業やポジションによりますが、少なくて2回、多い場合は6回くらいまであります。エイペックスが採用パートナーとなっている企業では、少なくとも3回、という企業が多いです。内定までの期間は人それぞれで、早ければ1か月以内、長ければ3か月以上を要することもあります

面接の準備では、主に「よく聞かれる質問に対する回答作成」、「面接の練習」、「身だしなみのチェック」が必要となります。
よく聞かれる質問としては、「自己紹介(自己PR)」や「転職理由」、「志望動機」などがあります。会社の将来性が不安な場合など様々な転職理由があると思いますが、転職理由と志望動機、自分が将来なりたい姿にずれが生じないように事前に準備が必要です。面接では、面接官が入社後に何を自分に期待しているのかを把握したり、反対に面接官への質問(逆質問)を通して企業のことをより深く知ることもできます。その企業や応募ポジションについての何を知りたいのかを洗い出して、面接を受ける企業ごとに質問を用意しましょう。面接官の印象に残る魅力的な回答を準備するためには、「STARメソッド」の活用が有効です。ぜひ参考にしてあなたの面接力をアップさせてください。

面接で回答する予定の内容を自分の中に落とし込んだ後は、声に出して練習することが重要になります。面接では回答の内容だけでなく、話すときの表情や姿勢、声のボリュームなども見られています。そのため、実際の面接と近い形式で友人やご家族などに面接官役をお願いして対策を進めるのもおすすめです。外資系企業の面接では英語での面接が想定されますので、英語面接の対策方法を参考にして準備をしておきましょう。

また、面接に備えて髪型や服装など、身だしなみを整えておくことも良い印象を与える上では重要です。転職時の面接全体の流れや髪型、服装で気をつけることもご紹介していますので、ぜひご覧ください。
選考の段階で企業から提示された条件もしっかりと確認して、入社後に後悔しないように注意しましょう。もし面接対策でお悩みでしたら、エイペックスにご相談ください。各業界に精通した専門のコンサルタントが無料で面接対策を行います。

各業界に精通したコンサルタントに相談する

ステップ4 内定・退社・入社:4〜6週間

契約書に必要事項を記入している男性

応募先企業から内定を獲得したら、入社するかどうかを企業から指定された期日までに回答します。大体1週間の猶予が設けられていることが多いのです。以下の3つのポイントに注意して、慎重に内定を承諾するかを決めましょう。

  • 労働条件の確認

  • オファー面談

  • 他社との比較

内定を獲得すると、オファー面談時か、内定が通知された時点で労働条件が記載された書類が提示されます。求人や選考段階で話した内容と一致しているのかを確認し、細かい部分でも異なっていた場合は、入社後に後悔しないように記載ミスか条件が変更されたのかを採用担当者に確認しましょう。オファー面談では入社後に働く条件について詳細に確認しましょう。労働通知書だけを提示しオファー面談がない企業もあるため、もし条件の確認等を行いたい場合は面談を設定してもらうようにしましょう。また、内定を複数獲得した場合や他社の選考中だった場合、比較検討ができるのは内定を承諾する前までです。選考中の企業が第一志望の場合は内定をけるという選択肢もあります。ステップ1で時間をかけて考えた転職の目的や軸を考慮しながら決めるようにしましょう。

内定が決まりオファーレターにサインをしたら、現在勤めている会社に退職の旨を伝えます。法律では2週間前までに退職の意思を伝えたら良いと言われていますが、一般的には1ヶ月前を目安に直属の上司に伝えます。就業規則によっては退職までに1ヶ月以上の期間が必要なこともあるため、事前に就業規則を確認しておきましょう。カウンターオファーを提示されることもあるのですが、今後のキャリアへのデメリットが多いためおすすめしていません。

退職日が決まったら、退職届を出して会社から貸し出された備品の返却や後任への業務の引き継ぎなどを行います。後任が決まらないことを理由に退職日を伸ばされないように、後任が決まらない場合は業務内容をマニュアルにまとめて、上司に引き継ぐなど別の方法で対応しましょう。業務の引き継ぎと同時に、社内外への挨拶なども進めるようにしましょう。残っている有給休暇の取得が必要な場合はそれらも踏まえて最終出社日や退職日を調整する必要があります。退社してから入社までの間は、次の職場で必要になりそうな知識やスキルを取得すると良いでしょう。気持ちをリフレッシュするために休暇を使うことも良いですが、入社後に早く結果が出せるように時間を費やすのもおすすめです。​入社日に向けて持ち物や服装などを準備しておくことも忘れないようにしましょう。

転職スケジュールの立て方

転職のスケジュールを立てている様子の画像

それでは、転職スケジュールの立て方をご紹介していきます。転職では、いつまでに転職するか(転職予定日)を明確にして逆算してスケジュールを立てることが重要になります。

「逆算」が必要な理由

「逆算」してスケジュールを立てる必要がある理由は、転職活動の進捗具合を自分で管理できるからです。逆算せずにとりあえず転職活動を進めてしまうと、「退職意思を伝えてしまってから無収入の期間をなくすために転職活動を焦ってしまった」、「退職に必要な期間が十分でなく、バタバタ引き継ぎを行い、有給が消化できなかった」などのリスクがあります。こういったリスクを回避しつつ、スケジュールが遅れた際に発生する問題や想像通りに進まなかった場合の対策まで考えることができるため、逆算したスケジュール作成が重要になります。

「逆算」でスケジュールを立てる方法

まずは、いつまでに転職するかを決める必要があります。内定が出てから入社までは基本1〜2ヶ月で、長くても3ヶ月以内が通常であるため、どのタイミングで内定をもらう必要があるのかを考えましょう。次に、退社のタイミングを決めます。現在働いている方は、1ヶ月前には上長に報告するなど退職についての就業規則が定められているところも多いので、確認しておく必要があります。現在残っている有給の取得や引き継ぎに必要な期間も考慮に入れましょう。求人応募を始める時期も考える必要があります。一般的には応募してから、選考、内定をもらうまで1ヶ月~1ヶ月半前後の方が多いようです。

最後に、応募するための準備や情報収集を始める時期を決めます。このように逆算しながら自分の予定と照らし合わせつつスケジュールを作成してみてください。もし難しいと感じた場合は、転職エージェントに相談するのも良いでしょう。エイペックスでは経験豊富なコンサルタントが転職のスケジュール作成をお手伝いします。

コンサルタントに転職のスケジュールについて相談する


転職活動期間が延びる理由

応募方法

応募してから実際に選考を受け、結果を受け取るまでには時間がかかります。同時に複数の企業に応募するのではなく、1社ずつ受けてしまうとダメだった場合にまた一からスタートすることになってしまい、結果として期間が伸びてしまう場合があります。最終選考まで進んでも、不合格となってしまった場合はまた一から別の企業を受け直すことになります。同時に複数の会社に応募することで選考が同時に進むので、企業の比較ができる他、一から受け直す際に生じる時間のロスも防ぐことができます。

面接の日程調整や結果を待つ期間

次に、面接の日程がなかなか合わずに時間がかかる場合です。在職中に転職活動を進めると、業務の都合でなかなか面接を受けられずに時間がかかってしまうことも多々あります。平日に面接を受けるために有給休暇を取得できるように調整したり、平日の少し遅い時間に面接ができないかを企業側に相談してみるのも良いでしょう。また、最近はオンライン面接を積極的に取り入れている企業も多いため、対面が難しい場合は一度相談してみましょう。転職エージェント経由で応募している場合は、面接の日程調整をお願いすることができるので、忙しくてなかなか時間が取れない方は転職エージェントの力を借りるのもおすすめです。

無料の転職サービスならエイペックスへ

退職交渉の期間

内定が出た後も、退職の交渉次第で期間がかかってしまう可能性があります。先述しましたが、業務の引き継ぎ、有給消化なども計画に入れて退職交渉するようにしましょう。


転職成功のための準備のコツ・ポイント

転職を成功させるためのコツやポイントを見ている男性

それでは、転職を成功させるために重要となる準備のコツやポイントをご紹介していきます。

適切に情報を収集する

適切な情報収集はスケジュールに則って転職活動を進めるために重要です。インターネットやSNSで転職に関する情報や業界情報、企業情報などが発信されていることも珍しくなくなりましたが、信ぴょう性が低い情報も出回るようになりました。偽の情報を元に対策をしてしまうと、転職に大きな影響を与えてしまう可能性があります。情報源が信頼できるかを確認した上で参照するようにしましょう。

自己分析と企業分析を行う

次にこちらは先述しましたが、自己分析と企業分析をしっかりと行い、転職の目的や達成したいこと、転職後の働き方、自分の将来像を具体的にイメージして企業選びができると、自分に合った企業を見つけやすくなるほか転職が成功しやすくなります。

転職で達成したい条件の優先順位を考える

自分が希望する条件を全て満たす転職先が見つかる確率は限りなく低いです。応募企業の選択に想定よりも時間がかかってしまったり、内定をもらった後に選択できない可能性を避けるため、最初に転職の目的を決めた時点で達成したいことの優先順位を明確にしておきましょう応募企業が見つかりやすくなったり、複数企業から内定が出た時に判断しやすくなります。

退職規定を確認しておく

退職規定は会社によって異なります。一般的に退職の1ヶ月前と言われていても企業によっては2ヶ月前の場合もあります。内定をもらった後に気づいて決められた入社日に入社できないなんてことがないように、必ずスケジュールを立てる前に確認しましょう。

面接の量を調整する

特に、働きながら転職活動をしていてなかなか時間が取れない方は、有給を取った日や時間ができたタイミングで面接を一気に入れたいと思うことがあると思います。面接自体は約1時間程度で終わりますが、事前の告知よりも早く終わったり、反対に伸びてしまうこともあります。そのため、面接の時間が被らないように余裕を持って面接を受けるようにしましょう。

有休消化を考慮に入れておく

入社希望日までの期間が十分に空いていないと、残った有給を使いきれずに退社してしまうことにつながります。逆算で作成したスケジュールをもとに、外部内部の関係者への挨拶や有休消化を考慮に入れて退職日や入社日を設定しましょう。


転職のスケジュールに関するよくある質問

続いて、転職のスケジュールに関するよくある質問についてご紹介していきます。

仕事が忙しくて転職活動が進むか心配な場合の対策は?

転職エージェントを活用することで、面接の日程調整などを含むスケジュール管理をしてもらえます。特に、残業が多くてなかなか平日に時間が取れずに転職が進まない方におすすめです。ただ、面接日程の交渉も企業が受け入れてくれるかが問題となるため、平日でも対応できるように仕事量を調整したり、有給を取得したり、オンライン面接をお願いすることが必要となります。

転職のスケジュールは短縮できるのか?

転職のスケジュールは一般的に3ヶ月と言われていますが短縮可能です。選考については応募企業の都合があるため、短縮が難しいことも多いですが、反対に自分でコントロールできる求人探しや応募書類の準備、内定承諾後の引き継ぎ等のスピードを上げることでスケジュールをは短縮できます。スケジュール短縮を目指す方は、書類や面接の質が低下してしまうことを防ぐためにも、転職エージェントの活用がおすすめです。

いつ退職の意向を伝えるべきか?

内定承諾前だと引き留めに合うことも十分に考えられるため、必ずオファーレターにサインをして、入社日まで決まってから伝えましょう。まずは直属の上司に伝え、了承を得てから同僚やその他メンバーに話をするように気をつけてください。

転職活動はいつから始めるのが良いのか?

中途採用は新卒の時とは異なり、求人が出る時期が決まっていません。一般的には、4月や10月などの決算期の変わり目に求人が増加する傾向はあると言われていますが、その時期に自分の要望にあった求人が出ているかは別問題です。そのため、すぐの転職でなくても転職エージェントに登録しておいて、常日頃から市場情報を把握しておくことが大切ですまた、自己分析や情報収集など、できるところから進めていくと、気になる求人が出た時にすぐに応募して選考に移ることができます

残っている有給はどうなるのか?

退職前には最終出社日の前に有給を消化し、最後に片付けや挨拶を終えて退職するパターンと、先に片付けや挨拶を済ませて、有休消化期間が終わると同時に退職するパターンがあります。この消化方法については、上司との打ち合わせが必要になります。もしも時間がなく有給を消化できない場合は、退職時に消滅するか、例外として買取りが認められる場合もあります。企業によって規則で退職時の有給について決めている場合もあるので、相談してみることをおすすめします。

転職の相談は誰にするべき?

まずはご家族に相談しましょう。「転職が決まってから家族に話そう」と思っている方もいらっしゃいますが、転職したいという意思はあらかじめご家族と共有しておくことがとても大切です。ご家族の同意を得られずに転職を断念せざるを得なかったケースも多々あります。ご家族からの同意と同じくらい大切なのが転職エージェントの活用です。経験豊富なエージェントから客観的にアドバイスをもらうことができ、自分に合った求人紹介から履歴書の添削、面接練習からスケジュール調整、給与交渉まで幅広く対応してくれます。キャリアプランから相談されたい方は、ぜひエイペックスの専門コンサルタントにご相談ください。

エイペックスのコンサルタントに相談する

転職活動は在職中と退職後のどちらでするべきか?

在職中と退職後のどちらに転職活動を行うかを迷われている方は、意外と多いのではないでしょうか?精神的にきつい場合や、仕事が忙しくて有給取得も難しく、面接の時間が取れないなど特別な事情がない限りは在職中に始めることをおすすめします。
理由は、転職活動が長期化した際の経済的なリスクからとりあえず受かった会社に入社してしまうリスクがあるからです。受かった会社が前回働いていたところよりも自分に合っていれば良いですが、反対に条件が悪くなることも考えられます。焦って決めてしまわないためにも、在職中に転職活動を進めましょう
また、退職後になかなか転職先が決まらず離職期間が伸びてしまうと、仕事の感覚が鈍っていることや内定をもらえていない理由があるのではないかと危惧されてしまうことも考えられます。そういった事態を避けて納得がいく転職をするためにも、特別な理由がない限りは在職中に転職活動を進めるようにしましょう。

転職スケジュールの事例

転職を成功させて生き生きと仕事をする女性

成功事例 1: 短期(1〜2ヶ月)で内定を獲得

転職理由とかかった期間:
「この方は日系製薬企業の学術の方でしたが、メーカーのMSLへの職種変更を希望されていました。エイペックスでの面談から応募まで1週間、応募から初回面接まで2週間、初回面接から内定まで合計3回の面接を経て3週間、というスケジュールで進み、エイペックスでの初回キャリア面談から内定獲得まで約1か月半というスピード内定となりました。」

コンサルタントが考える成功の最大の要因:
「日系企業から外資系企業への転職の場合、類似した業務でもフィットしないことが多くあります。この方の希望は製薬メーカー勤務でしたが、一旦CRO(開発業務受託機関)に就職し、派遣先のメーカーで正社員登用にチャレンジする、という選択肢を選ばれました。このように柔軟な選択肢を持てたことが、成功の最大の要因だったと考えています。この方は無事、最初に派遣された製薬メーカーへの転職に成功されています。」

成功事例 2: 中期(4〜6ヶ月)で内定を獲得

転職理由とかかった期間:
「この方は製薬企業のクリニカルポジションに就いていた方でしたが、プロジェクトのマネジメントやオペレーション業務が多く、もっとハンズオンで業務をこなせるスペシャリストになることがご希望でした。エイペックスでの面談から応募まで2週間、応募から初回面接まで2週間、初回面接から内定まで3か月半を要し、初回キャリア面談から内定獲得まで約4ヵ月半の期間がかかりました。」

コンサルタントが考える成功の最大の要因:
「この方の譲れない希望条件の一つがフルリモートワークでした。応募が進んだ2社のうち、幸運にも1社がフルリモートOKであったことでご本人の希望と合致し、クリニカルサイエンティストとして採用され転職成功につながった事例です。」

成功事例 3: 長期(6ヶ月以上)で内定を獲得

転職理由とかかった期間:
「この方は新しい環境への挑戦を視野に入れて前職でERP(早期希望退職)に応募されたため、エイペックスに相談に来られた方です。製薬メーカーにお勤めのMDの方であり同様のポジションを探されていましたが、エイペックスでの初回キャリア面談から内定獲得まで約1年かかりました。」

コンサルタントが考える成功の最大の要因:
「MDであるため年収が高いこと、MDを受け入れるポジションも企業には限られていること、年齢も50代後半であることから、フィットするポジションの募集がなかなかなかありませんでした。時間をかけても空きを待っていただけたこと、過去のご経験を活かせる仕事であること、ご本人が年収ダウンを許容できたことで内定獲得につながった案件です。」

転職スケジュールや内定獲得は、転職活動を進めている期間にどんな求人が出されているかなど、タイミングによる影響があるのは事実です。しかしながら、転職エージェントを活用することであなたが最も優先したい項目の明確化から、キャリアの最終ゴールを見据えた上での最適な企業選び、履歴書・職務経歴書や面接の補助、内定後の給与交渉まで、ご希望の転職をご希望のタイミングで達成するためのサポートを受けることができます。

対策は転職エージェントへ

希望する企業に応募して内定をもらうために、自分に合った適切なスケジュール作成が重要です。転職活動には、自己分析や企業の情報収集、書類の作成や面接の日程調整などやらなければならないことが多々あり、働きながらの転職活動では全て自分で行おうとすると負担が非常に大きくなります。

もし転職活動に不安があったり、どこかの段階で助けが必要になった場合は転職エージェントを活用することがおすすめです。あなたにとって最も効率的なキャリア形成実現に向けて、各業界に精通し、数々の受賞歴に輝くエイペックスのコンサルタントがキャリアパートナーとしてあなたの転職活動を全面サポートいたします。今すぐの転職でなくとも今後のキャリアについてのご相談や、とりあえず登録だけしておきたいという方も大歓迎ですので、まずはお気軽にお問い合わせください!


転職についてコンサルタントに相談する

最新の転職市場の動向など、

転職・人材に関するブログ記事はこちら