ブログ記事一覧に戻る
Blog Img

人事/HRの仕事〜外資系と日系企業で求められるスキルの違い~

人事/HR部門に従事されている方は、将来どのようなキャリアパスを思い描いていますか?キャリアを考える際に重要な要素となるのが、外資系、内資系どちらの企業を選ぶのかということです。

同じ人事領域でも求められるスキルは違う

転職先を考える際の選択肢の一つに、外資系か日系企業かがあります。

「長年日系企業で人事をやってきたけれど、次は外資系で経験を積んでみようかな?」

「ずっと外資系だったけれど、日系企業の人事ってどんな感じなんだろう?」

外資、日系それぞれ一方でしかお仕事をされていない方は、その仕事内容に違いがあることになかなか気づきにくいのではないでしょうか。

実はそこには、大きな差があるのです。

そもそも人事ってなんだ?!

一口に外資系企業と言っても、日本法人化している企業と支社として日本に属している企業とでは文化がそれぞれ異なるケースがあります。日本法人化しているほとんどの企業は、日本独特の文化に合わせいわゆる日系企業と同じような人事部が存在し、一部本国に対する報告や提案等で外資的な動きを求められる程度です。

しかし、支社として日本に拠点を置いている場合、その多くが支社長やそこで働いているメンバーは本国から来た外国人の方が多数活躍し、企業ルールも本国に沿った対応が求められます。そのため、いわゆる日本式の人事部は存在しません。

人事部が存在しない?HRってなに?

日本支社を置くいわゆる外資系企業では、人事部がない代わりにHR部門が設けられています。いわゆる採用から退職手続きに至る人事業務に対し、各役職で業務内容が決められているのが特徴です。そのため、人事部として全社員の人材管理を行うことはなく、本来業務に対し自分が与えられた役職内で何を行うのかという権限が付随するイメージになります。

人材を管理しないなら何を管理するの?

日系企業でいうところの管理職は、外資系企業ではマネージャーやそれより上位のポジションにあたります。そして、社員の管理を行うのはその社員が属している部門の管理職、マネージャー以上の人たちです。

HRの管理職が行うのは部門の管理をはじめ、経営方針から連動する業務の進捗具合を調整したり、業務調整をしたり、会社としてのキャリアパスを整備したり…ということになります。あくまでもHR部門としての管理職であり、「組織全体の人」を管理するためのHR管理者ではないということです。

全社員の人材管理は行いませんが、そのかわりに組織全体の人材のケアのための仕組みを作ったり、制度を導入したりする、いわば人事専門家という立ち位置です。例を挙げると、人材開発や人材育成に特化したポジション、人材募集(タレントアクイジション)専任のポジション、コンペンセーション・リワード専任のポジション、HRBP(HRビジネスパートナー)といって、経営者や事業責任者のパートナーとして経営目標達成のための戦略的人事活動を行うポジションがHR部門の中に存在したりします。内資系企業に比べて、ポジションが非常に分業化されているイメージですね。

日本独特の慣例や社員の情報共有も職務

日本における一般企業の組織の在り方やグローバルとは異なる人事関連の法律や規制、考え方については、HR部門がリードして本社からのマネジメントメンバーと連携することが必要であり、これは日本での事業成功には欠かせないHR部門の職務です。

特に、休暇の取り方や仕事への取り組み方、残業に対する考え方などは海外と日本では大幅に違いますので、日本支社の配属になってまだ日が浅い上司やマネジメントチームに対しては、社員との考え方の齟齬や軋轢を生まないためにも情報提供は重要です。

また、各社員と1on1等で個別に面談をすることはあっても、その社員が過去にどのような成果をあげたのか、なぜ今のポジションに就いているのかといった個別の事情はヒアリングしきれません。あらかじめHR部門や各部門のディレクターが保持している情報をマネジメントと共有し、社員との関係構築やエンゲージメントの向上に役立てることも職務となる場合があります。

専門性を高めたいのであれば外資系

日系企業は、何か困ったことがあれば人事が駆け込み寺のような役割を果たし、あれもこれもと分野関係なく全社的な業務として人材を管理していますが、外資系企業はあくまでもヒューマンリソース関連に特化した専門部隊という考え方です。

HR部門にいる社員それぞれに与えられる業務内容も、数ある業務の中から専任して対応することが多く、その職務や責任、権限に至るまで細かく決められています。そのため、広く全体の業務を掌握して対応するということではなく、特定業務を深く担当するということになります。

自分の目指すべき将来像にあった働き方ができるのは外資系企業と日系企業、どちらですか。このあたりも、転職先候補に入れる際には十分吟味しておく必要があります。エイペックスにはプロフェッショナルサービスチームがあり、人事/HRに特化したキャリアアドバイスや転職の相談会も行っていますので、今後のキャリアを考える際には是非プロの力も借りてみてください。

最新の転職市場の動向など、

転職・人材に関するブログ記事はこちら