ブログ記事一覧に戻る
Blog Img

コロナ後の未来とは?2022年の転職市場を予測!

​約2年のコロナ禍の中で「落ち着くまで転職活動は控えよう」と思っていた方も多いかもしれません。しかし、コロナ禍で企業の体力が奪われ採用活動も停滞しているかと思いきや、実は転職市場は堅調に回復しており2022年度も求人数の増加が見込まれています。是非チャンスを逃すことのないよう来年の転職市場を予測してみましょう!

2022年度の転職市場は活況の見込み!

どのメディアでも同じような予測が出ていますが、2022年度は今年の傾向を引き継ぐかたちで全体として求人数の増加が見込まれています。コロナ禍における有効求人倍率は2020年後半が低迷期でしたが、2021年度にかけて徐々に回復しており、この傾向は2022年度も継続していくことが予想され転職希望者にとってはチャンスの年となります。

特にこの1~2年採用を控えていた企業や、コロナ禍により躍進した業界は慢性的な人手不足に陥っており、早期に採用枠を増やして安定稼働につなげる動きが出てくるでしょう。2022年度はこれまで新卒採用を控えていた企業も活動を再開する傾向がみられ、新卒・中途採用共に2021年以上の伸びが期待され、転職市場は活況となる見込みです。

採用チャンスが多くなりそうな業界は?

コロナ以前からの傾向がそのまま顕著に出ているのはIT業界。

IT業界に関しては、猫の手も借りたい状態がコロナ禍に関わらず続いています。引き続きエンジニア職を中心とした採用激化が予測され、即戦力となる経験者は高待遇での転職が見込めます。

また製造業については、外国人人材を含め採用枠が増加することが考えられるでしょう。スタッフレベルだけではなく管理職人材も枯渇している企業が多い状況です。マネジメント経験がある転職希望者は、製造業での転職にチャンスが多いと捉え活動すると良いでしょう。

逆に景気に左右されないヘルスケア、ライフサイエンス企業の採用状況は、ほぼ横ばいになると考えられます。2020年度は一時的に採用をストップする企業も若干ありましたが、2021年度はWEB面接もすっかり定着し年間を通して求人数は安定しており、2022年も同様の傾向となるでしょう。

大手企業がねらい目か?

これまで中小企業から大手企業への転職の門戸は狭いものでした。

ところが近年、労働人口の減少を前に大手企業が中小企業からの人材を受け入れる傾向にあります。人手不足の影響を大きく受ける前の企業の取り組みが、2022年以降どのように影響してくるか注視する必要があります。

2022年の転職市場は未経験者には厳しいかも?!

この2年、コロナ禍の影響で各企業では今いる人材で業務を回し、リモートワークなどの新たな職場環境を創造し、現在の企業体制を構築してきました。柔軟に動ける人が中心となって、新しい形の企業文化を推し進めてきた背景があります。いわば、手探り状態でこの2年を走り抜けてきたことでしょう。

そのため、2022年の採用は未経験者よりも経験者採用の枠が大幅に増えると考えられます。特に、このコロナ禍で採用をストップしていた企業は、未経験の新人さんを教える余力がないばかりか、新体制でのOJTを経験していない場合が多くあります。

せっかく今後のキャリアを見据えて新しい分野にチャレンジしても、業務内容の習得や社内での業務スキルを構築できないまま結果を求められてしまうということも考えられますので、新入社員をどのような体制で受け入れてもらえるのか、判断材料として見極めても良いのではないでしょうか。

人気の企業に偏りが出やすいのも2022年!

業界によって採用活動が活況になることはご理解いただけたと思いますが、その中でも人気企業と残念ながら採用に苦慮する企業が発生します。

特に2021年に顕著だったのが、応募者側の条件に「フルリモートワーク(もしくはリモートワーク)が可能かどうか」という点が多く入ってきたことです。当然、フルリモートやリモートワークとオフィスワークの選択を可能にした企業には応募者が集まります。業態によってフルリモートが難しい業種・業態であっても、業務細分化を行い出勤と在宅業務のハイブリッド勤務を実現させている企業は、同じように人気企業として応募者が増加するでしょう。

コロナという現代社会が経験したことのない状況で、これまで固定化されていた働き方を変えることができたか、できなかったかは、これからの企業の在り方にも直結してきます。採用する側の選択ではなく、応募する側の選択がより鮮明に出るのも2022年の転職市場になるのではないでしょうか。

2022年はミドルシニアに好機!

色々と予測してみましたが、いかがだったでしょうか。

この大変だった2年を各企業での創意工夫で乗り越え、かつその職種や業界での経験がある方にとっては2022年は好機です。特に、経験に厚みのあるミドルシニア層はタイミングを見て動き出すには非常に良い時期と考えられます。

さらに詳細な採用動向は、エイペックスに在籍する各業界専門のコンサルタントから是非話を聞いてみてください。日々企業の採用担当者と話をしているコンサルタントたちから情報を収集するだけでも、今後のキャリアを考える際の足掛かりになります。是非2022年度は、なりたい自分の実現のための行動の年にしましょう!

最新の転職市場の動向など、

転職・人材に関するブログ記事はこちら